Cafe Music?! Garden Gallery Backyard ミュージック!!




Street Life / Crusaders


Fusionとブラック・コンテンポラリーに埋没しつつ高校を卒業し、、、大学に入ってからハマったのがクルセイダーズです。
(何て懐かしいんでしょ、、。)

で、遡って色々聴くうち、一番気に入ったのがこのアルバム。
ジャズ・クルセイダーズからジャズが取れた頃、このアルバム1曲目でフューチャーされたのはランディ・クロフォードの歌声。
今聴いても、ステキです。
'02.12.10


こちらもオススメ。
やはり、Soul ShadowsとRhapsody and Blues、Last Call は外せません...。




Street Life / Crusaders

[1] Street Life
[2] My Lady
[3] Rodeo Drive (High Steppin')
[4] Carnival of the Night
[5] Hustler
[6] Night Faces

、他
録音:1978年








ミュージック indexへ




アルバムタイトルのStreet Lifeが名演なのは言うまでもないんですが、
特にお奨めしたいのは、Rodeo Driveのバリー・フィナティ(g)のソロ。
時々久し振りに聴くと、、やはりこれって旨いかも?、、と。(覚えちゃったゎ)
このアルバムのちょっと前まで、ラリー・カールトンがギターだったせい?、なのかは定かでナイんですが...。

この頃のクルセイダーズと言えば、スティックス・フーパーのドラミング。
あの特徴的なリズム、確か加入したばかりのアルフォンソ・ジョンソン(元ウェザー・リポート)のベースとのコンビもなかなかのもの、オツです。

そして最後のNight Faces、もぅJazzスタンダードに入れちゃって良いのでは?、と思っちゃうワタシです。




 




Copyright(C) 2002 Lazy Cat Cafe. All Rights Reserved.