Cafe Music?! Garden Gallery Backyard ミュージック!!




Know What I Mean? / Cannonball Adderley, Bill Evans


この軽快なタイトル、豪快キャノンボールと繊細ビル・エヴァンスの組み合わせ、なんともチャーミングな1枚です。

タイトルになっているのは、キャノン・ボールの口癖。他のアルバムで彼がMCをしているのを聴くと(下記アルバム)、確かに、まさに連発。
今でも映画俳優のインタビューでこの言葉を連発するヒト、結構多かったりして。。。マイルスのSo What? と良く比較されているひとことです。

奏でる音が、最初の1音から本人を代弁、、なんて2人と、ディジーの楽団から独立したMJQのリズムセクション、1曲1曲が楽しい1枚です。

02.03.18


こちらもオススメ。
1曲目 This Here の前のキャノンボールのちょっと長いMCも、名曲のうち?Hi-Flyも名演です。

もちろん、こちらも。
マイルス、ハンク・ジョーンズも参加してます。





Know What I Mean? / Cannonball Adderley, Bill Evans


[1] Waltz for Debby
[2] Goodbye
[3] Who Cares? [Take 5]
[4] Who Cares? [Take 4]
[5] Venice
[6] Toy

、他
録音:1960年








ミュージック indexへ




キャノンボールのサックスと言えば、その超ゴキゲン系ドライブ感が一番好き。その音圧といい、コントロールといい、、できればライブで聴きたかった...。
このアルバムでの演奏は、ちょっと抑え気味だけど、それでもデビーはワルツというより、スキップ気味で...。
おそらくテイクを重ねるごとに、エヴァンスのピアノはブルージーでちょっとファンキー気味に、キャノンボールはちょっぴり叙情的になっていったのでは?、と想像しながら。リイシューCDも何度も出ているアルバムです。
通(痛?)の間では、Who Cares? のTake 4 が必須!!、なんて言われているアルバムでもあり。








 



Cannonball Adderley Rendez-Vous (オフィシャルではないけど)
http://www.cannonball-adderley.com/

Copyright(C) 2002 Lazy Cat Cafe. All Rights Reserved.