Cafe Music?! Garden Gallery Backyard ミュージック!!




Undercurrent
/ B.Evans(p), Jim Hall(g)


ビル・エヴァンスの作品から1枚、と言えば…。ごめんなさい。誰もが挙げるWaltz for Debbyではなくて、こっち。
コラボレーションする相手あってこそ、のビル・エヴァンスのピアノ。

独断と偏見ついでに言えば、JimHallのギター、作曲、アプローチの良さがとても光っているアルバムです。
'02.10.22

こちらもオススメ。。右と同時期の録音です。




Undercurrent /
B.Evans(p), Jim Hall(g)

[1] My Funny Valentine
[2] I Hear A Rhapsody
[3] Dream Gypsy
[4] Romain
[5] Skating in Central Park
[6] Darn That Dream

録音:NY, 1962/04, 05







ミュージック indexへ




1曲目のMy Funny ... に、のっけからノックアウトされた私です。どの演奏も今以て色あせないのは?、とあらためて。

が、...Piano Jazzの名・入門アルバムは、やっぱりWaltz for Debbyか?…
いつか、別のページでこちらも掲載します。

ところで、最近のJim Hallはどんな活動をしているんでしょう?別ページに掲載したPat Methenyの師でもある彼。
関係ないけど、中学校時代の理科のセンセイに雰囲気が似てるんだよなぁ…。




Jazz Saxのミュージシャンで同じ名前:Bill Evansが居ます。紛らわしいです。

でも、こちらのBillもなかなか聴き応えあり。数年前にライブに行きましたが、ゴキゲンなブローを聞かせてくれました。
検索サイトでオフィシャルサイトを探すと、ちゃんと(?)Bill Evans(P)の関連サイトのスグ後に登場します。





Copyright(C) 2002 Lazy Cat Cafe. All Rights Reserved.