Cafe Music?! Garden Gallery Backyard ミュージック!!




Heavy Metal Be-Bop
/ Brecker Brothers



やっぱ♪Some Skunk Funkでしょ!?、、と、何枚もあるブレッカーブラザーズのCDの中から、この1枚。

実際にライブで初めて聴いたのは、確か'92年のことですが、アルバムのリリースは '78年。
この1枚ではEast River が、唯一のスタジオ録音ですが、他は、全てライブ音源、、なんです。

今となっては、このぐらいのクオリティの音もライブで可能(例えば下記)、、とは言え、アルバムリリースの'78年は、さぞ衝撃的だったコトでしょう。

'09.07.07

こちらもオススメ。




Heavy Metal Be-Bop
/ Brecker Brothers

[1] East River
[2] Inside Out
[3] Some Skunk Funk
[4] Sponge
[5] Funky Sea, Funky Dew
[6] Squids

録音:1977







ミュージック indexへ




すでに歴史的な1枚になってしまったこのアルバム、1曲目のEast River は、ヴォーカルをフューチャーしたことで話題になり、他にも、兄:ランディのエレクトリック・トランペット、このクオリティでライブ音源であること、フュージョンにファンクを取り入れた(どっちがどっち?、と言う感じですが)こと、、、えとせとら。

話題になったひとつひとつを挙げると、キリが無いのですが、ライブ音源、というコトについて、今は亡きマイケル・ブレッカーはかなりこだわっていたようです。

何度も繰り返して生まれるグルーブ以外に本当の音は無い。
、、というようなことを、どのレコーディングでも意識していたのだとか。

...本当の音って?、そんなコトを意識しながら、色々なアルバムを聴くと、特に国内アーティストの録音(もともとノリがキビシイのであまり聴かない。^^;)、以前にも増して、受け付けなくなってしまったんですが...。





 




ランディ・ブレッカー オフィシャルサイト
http://www.randybrecker.com/

マイケル・ブレッカー オフィシャルサイト
http://www.michaelbrecker.com/


Copyright(C) 2002 Lazy Cat Cafe. All Rights Reserved.