Cafe Music?! Garden Gallery Backyard Garden!!




テレトン


テレトンは、とても優しげで優雅なクリームイエローの花。
花の中心近くはアプリコット。
テレトンという名前の由来は知りませんが、 フランスのある慈善団体が毎年開催するチャリティイベントと同じ名前。関係アリ?

端整な花の形ですが、株は成長が早く、たくましい感じ。年に2本シュートを上げることも。トゲも立派です。
...'11年も夏の終わりからシュートが。

秋の花色の意外さは、息を飲む美しさです。

'09.06 / '12.05.31 更新


テレトン Telethon(Delchacre)
〜スヴニール・ダムール・シリーズ

フロリバンダ扱い(枝はHTに近く、房咲き)
四季咲き 中〜大輪
作出:デルバール(フランス) 2003年



デルバールの苗の中で、"鉢植え向き・1.2メートル以下・黄色系"、だけでで選んだのがテレトンでした。。

下記はデルバールの仏語サイトで前々から気になっていた品種や新作バラ。


ローズ・カタログ ... 50音順、種類、特徴でバラ苗選び。






春の開花は、2本のシュートに10個ずつ、という勢い。
樹勢も強く、葉っぱは完全な照り葉。 樹だけ見ているとお茶?、のよう。

デリケートな花色ですが、丈夫なので安心して育てられます。花持ちも良く、切花優等生。

香りの強さは中香、フルーティ。
部屋の雰囲気をぱっと明るくしてくれる感じ。
テレトン
ガーデンindex!!へ



とても端整な花の形。



咲き始め、とても端整な形をしています。
蕾は色が濃く、ほどけていくにつれ薄くなって、中心のアプリコット色がふわっとした雰囲気を作ります。

花持ちも良く、ティー・ローズっぽく開花から色変わりして行く様を見ていると、時間を忘れてしまいそうです。


夏はシュートも2本ぐらい。暑い中でもサッカーから沢山蕾をつけます。
(7月末からは、2/3ぐらいを摘蕾)

秋深まると、蕾の色はカッパー?、と思うほど濃いオレンジ色を帯び、さらに寒くなると、 時にこんな色(右)で咲きます。
バラの色は、土や水、肥料の状態で変化することがあるけど、この色には息を呑みました。

何かの折に、この花を友人にあげたら、やはりこの色に驚嘆...。
ごく薄いアプリコット、シルバーともベビー・ピンクとも、色を表現するのって難しいです。

'09春・秋とも、季節最初の花は肥料・剪定の影響で、花弁数が多い花になりました。2つ目からは、いつも通り端整な花です。

'10年春、3月は剪定後の樹液流出に悩まされましたが、順調に伸び、蕾も少し。この年は強剪定でしたが、枝を多めに残したせいか、成長が遅めです。
>> 2010年の様子

下は'09.11月末の花。晩秋最後の花でした。
テレトン 11月末の花。なぜかフリル状に。 '09.11





テレトン 9月の花 '09.9

'12年 春の開花は、剪定は遅くて緩め。花は大輪で少なめになりました。
春は薄めのレモンイエロー〜クリーム色。花弁の根元はピンク色です。 '12.5月

アイスバーグと一緒に花瓶に。
アイスバーグと一緒に花瓶に '12.5月


Copyright(C) 2002 Lazy Cat Cafe. All Rights Reserved.