Cafe Music?! Garden Gallery Backyard Garden!!




園芸資材のこと
ハーブやバラ育ての土や肥料、虫除けのご紹介です。

虫除け1..ニームスプレー
市販されているものを使ってます。
具体的にはハダニ害の軽減・防止に。
鉢植え・ベランダは湿度が低いため、梅雨前後〜9月ぐらいまで、何も対策をしないと(時には、対策しても;;)ハダニの被害で葉っぱが黄色っぽく粉を吹いたような色になってしまう。。
ハダニ軍団は暑さで弱った株が大好きなので、このスプレーを。
土壌改良&元肥にはニーム顆粒を使ってます。

虫除け2...トウガラシ漬け
アブラムシ、ゾウムシ、コガネムシなど、植物に噛み付く(?)害虫避け。
レシピは色々あるようですが、私はホワイト・リカー500mlあたりトウガラシ(勿論ドライ)を10g。
これを2ヶ月ほど冷暗所で保管、200〜100倍に希釈してスプレーします。
ニンニクを入れるレシピ、木酢液を使うもの、色々ですが、住宅密集地なので臭気を考えるとちょっとムリです。

虫除け3..テデトール、など
テデトール、つまり、手で取る。もぅ物理的防除の世界です。(笑)
アシでフーム=足で踏む、ミズカケール=水流で駆除(小さめの幼虫やアブラムシに有効)、他にウェットティッシュで吹く(あまりオススメできませんが、初期のうどんこ病の物理排除として)、などがあります。
これらの利点は、虫発生の環境条件、特に季節、気温や湿度について、ある程度流れがつかめるようになるコト。テデトールの応用編は、発生予測による迅速な対応、なのです。(?)

ムシを制するには(ちょっと恐々)ムシを知るべし、、、!?

他のサイトで見つけた物理的排除)
アブラムシを取る...綿棒にハチミツや液体のりを付けて取る

'09.07




ローズソルト2個・バラのクリーム


バラ専用の土・肥料・ニームスプレーのセット


ガーデンマスコット ポットフット


さっと使いたいときの万能肥料♪
追肥に使っています。


アグリチンキ36 200ml
まだ使ってませんが、評判上々です。


カリグリーン 1.2g×10


ロゼアポット・培養土・鉢底石・肥料・鉢底ネットのセット



土壌改良&元肥
今はニーム顆粒を使ってます。
センチュウなどの土壌害虫を減らす働きがあるらしく、他の鉢から再利用の土(1ヶ月は寝かせています。)に混ぜてますが、生育は良いようです。
アイビーなど、丈夫なものは葉が大きくなりすぎるコトも。(笑)

基本的に涼しい季節に植えつけ、環境に慣れた頃に根が届くと良いかな?、と、用土の下のほう(ポットの土周り遠め)に混ぜ込んで使います。

ニーム顆粒が表土近くに来ると、白っぽいカビのようなものが出ますが、これが"放線菌"という土壌改良屋の正体らしいです。
あれ?土がカピカピ?、というような疲れた土にも、追肥として浅めの穴を掘ってごく少量を数箇所に混ぜ込みます。



オレンジ・ファイアー(FL) 花フェスタ記念公園にて
園芸資材のこと(その2) も...。
ガーデンindex!!へ



ハサミは2種類ほど


ブルーフォーユーの蕾



追肥用のぼかし肥料
元肥にできるのに、、ゼイタクにもぼかし肥料を追肥にしています。用土が新しい場合は、時に元肥として使うことも。
窒素(N)5:リン酸(P)6:カリ(K)5。主に"土も元気で花盛り"、のバラに。

追肥用の化成肥料
効き目の速いものは使わず。
主にバラ以外の鉢に穏効性肥料を。
N:P:K:クド=5:16:10:2、なのだそうです。
土が疲れ気味?、と言う場合は上記の2種を使います。

液体肥料
夏バテ苗かなぁ?、という時に。早く効くので助かります。
これは全く主体性ナシ(笑)で、苗を購入した時に付けてもらった液肥を使ってます。'08年の猛暑では助かりました。'09年は、暑さが酷くないため新苗に少しだけ。


肥料を最小限の種類にするなら、元肥にできる1種と、小回りの効く液体肥料の2つがオススメ。

肥料使いのポイントは、夏の高温注意(暑い時期は涼しい時間に液肥のみ)、水遣り:乾く頃に鉢から流れるほど、他に、クロロシス(白化。葉っぱが白っぽくなります。)の予兆を観察しながら。
あとは窒素過多(花の変形や、葉っぱがゴワっとなったり)に注意すること。


その他(殺虫剤・殺菌剤)
ファインセルコート、でんぷんスプレー
この2つは、アブラムシくん窒息駆除用です。牛乳利用だと臭いがイヤで。(笑)
虫除け2(左上).を使ってから、出番が減りました。

天然ピレスロイド(除虫菊)の殺虫剤
うゎ〜!虫!!、という時、他の資材でムリなものはこちらで。
でも残留するらしく、常連訪問者のハチたちは、コレを散布すると、数日は来ない。
で、後から、"もぅ撒かないよねぇ...?"、なんて、ちょっとウラメシそぅに様子をうかがってました。(ホントか?)

カリグリーン
ほとんど重曹、という農薬(殺菌剤)です。
うどんこ病予防、湿度の多い時、夏の低温や、出始めのうどんこ病に。
ちょっとおトクなカンジなのは、散布後にカリ肥料としての役目も果たしてくれるコト。

複合 殺虫・殺菌剤
害虫と黒星病併発、葉っぱがなくなりそう、など症状がヒドい場合のみ使います。臭いがキラいなので、出番も最小限で。(笑)


エムダイファー
かび系の病気で、ケイトウが一夜にして枯れた時、他の株に予防として。保護殺菌剤ですが、ほとんど使わないので、期限切れ廃棄が面倒そぅです。(笑)

※諸薬剤については、収穫量維持や伝播防止が必要な職業農業ならともかく、趣味園芸として使うのはどうか?、とか、土の管理が悪かったから枯れたので、原因対処の精度を上げれば、上記は不要なはずでは?、と考えなおしているところです。


ムスカリ


よく食事&蜜集めに来るコハナバチ?の仲間


アイスバーグ


Copyright(C) 2002 Lazy Cat Cafe. All Rights Reserved.