Cafe Music?! Garden Gallery Backyard Garden!!




パンジー、ビオラ


パンジー、ビオラはジュリアン同様、花色が豊富。ありとあらゆる色が揃っている?、と思うほど。

花を楽しめる時期も長く、11月〜5月ごろまで、繰り返し花をつけ、我が家のベランダでは、ゼラニウム、ベゴニアに次ぐ花期の長さです。

冬場、花の種類が減る中、'09冬〜10年は、暖色系を中心に3種を選びました。

日当たりの良い場所に11月に植え付け。植え方はジュリアンと同じ。
花を多く、株を大きくしたい場合は、元肥だけでなく、月1〜2回の液体肥料を。
コンテナ一杯に広がって、長く楽しめます。

カラフルなので、花がら摘みも、とても楽しい花です。花弁が縮れ始める前に少しずつ摘むと、よく花を咲かせます。

---
'09冬購入の苗は、5月末までよく咲いて、7月に枯れ。ホントに花期が長いです。混植のコンテナは、花が咲き始めたニチニチソウと入替え、です。

'10.03.13/ '11.12.15 更新


パンジー、ビオラ
学名:Viola X wittrockiana、
Viola hybrids
スミレ科
一年草

パンジー、ビオラの苗選びは10月〜3月。
それ以降は寄せ植えで出ていることが多いです。






11月に購入したビオラ(ペニー・オレンジ)。
この寄せ植えには、他に、パンジー、ブルースター、ベゴニア、ムスカリ。

鮮やかなオレンジ色。春を待ちながら、3月にはムスカリのブルーとの対比が楽しみです。

2月末からは、少しアブラムシに悩まされながらも、次々と花を咲かせます。

ビオラ(ペニー・オレンジ):鮮やかで暖かい色。西日で更に鮮やかに。尖った葉はムスカリ。
ガーデンindex!!へ



2月の花がら摘み。パンジー2種(上記とムーンライト・リカ)とジュリアン。



2月、1年で一番寒い季節も、パンジー、ビオラは元気。
黄色〜ムラサキのグラデーションは、パンジー(ムーンライト・リカ)。花ごとに黄色やムラサキのバランスが違って、甘い色合いが可愛い花です。

一緒に購入したジュリアンと、摘んだ花がらを小さな花器に。
>> ジュリアン


右の花弁がフリルになっているパンジーは、近年の流行(?)チンパンジーという札が付いていました。
花がら摘み直後、青いのは園芸ハサミです。


3月に入ると、パンジー、ビオラ数種とジュリアンだけで、花がら摘みは春色。
他にシクラメンとデージー、ラナンキュラス、スミレ、ナスタチウム...。
小さな花器が足りなくなるほどです。

3月中旬にはムスカリもキレイな青色の花を付け、チューリップも蕾を膨らませています。
>> ムスカリ
>> チューリップ

11年はビオラ2種、デイジー、シクラメン。切り戻しの後。
11年4月。ビオラ2種(白・茶系)とデイジー、シクラメン。

パンジー(チンパンジーという札でした):フリルと濃いブロッチがかわいい品種です。

3月。花色を増やしたジュリアンと。




Copyright(C) 2002 Lazy Cat Cafe. All Rights Reserved.