Cafe Music?! Garden Gallery Backyard Garden!!




ムスカリ


ムスカリは、チューリップとともに、冬の庭には欠かせない花。ムスカリのほうが、チューリップより早めに開花し、4月ごろまで花を楽しむことができます。

鮮やかな紫がかったブルーのアルメニアカムが代表的ですが、白花のムスカリや、最近はピンク、薄いブルーなど、春先の彩りにも変化を出せるようになってきました。

球根は、チューリップ同様、ネット等で販売が始まるのは、残暑真っ盛りの8月中旬。それに続いて園芸店やホームセンタ他に出まわります。

球根の植え付けは、10〜12月初旬、開花は3月中旬〜4月初旬。
また、特にアルメニアカムは丈夫なので、花が終わってから植えっぱなしにしても、翌年またしっかり咲いて、春を告げてくれます。。

'09.10.12 / '10.04.07 更新

ムスカリ
学名:Muscari neglectum
ユリ科
秋植え球根

球根は8月ごろから、苗は1月ごろからショップに並びます。植え付けの12月までを逃したら、、1月以降、苗で購入するのがオススメ。
(2月は売切れが増えるので、スノードロップやパスキニアも。)


スノードロップの苗2球入りGalanthus elwesii


予約球根【ムスカリ】アルメニアカムブルー(8球入)


予約球根【ムスカリ】ホワイトビューティー(4球入)

予約球根【ムスカリ】スカイブルー(4球入)







ムスカリ、アルメニアカムの鉢。
毎年花を咲かせています。
植え付けは遅めの11月末以降、6〜7月に球根を掘り上げて、新聞紙にくるんで、涼しくて暗い下駄箱で保管。

でも、毎年球根が増えていくので、なんだかお徳な花。(笑)
可憐な花ですが、とてもたくましいのです。
ムスカリ:アルメニカム。毎年増えて、毎年咲きます。
ガーデンindex!!へ



白花のムスカリも。



白花のムスカリも、まだ数は少なめですが、毎年少しずつ増えています。
こちらは、アルメニアカムほど丈夫ではない様子ですが、ブルーだけの鉢に、少し遅れて咲き、変化を楽しめます。

スノードロップや、水仙、パスキニア、イフェイオンなどと混植して、初春のホワイトガーデン?にしてみるのも面白そう。。

葉っぱだらけ?、にしないコツは植え付けの際、少し浅植えに。
鉢に密植した場合、花後の6、7月に球根を掘り上げ、植え付けの時に配置しなおすほうが良いでしょう。


ムスカリの別名は、グレープヒヤシンス、なのだそうです。
個性の強い花形なので、切花にはちょっと?、と思っていたんですが、さにあらず。
チューリップのページ で、小さく写っているとおり、意外にどんな花にもあわせることができます。

ポイントは、不自然にならないよう、葉も一緒に生けること、、ぐらい(笑)です。

'10.03月、今年もムスカリがブルーの花を咲かせました。
チューリップとともに、今年は密植気味。。昨年より日差しが少ないかなぁ?、という声が聞こえてきそうです。

ムスカリとチューリップの組合せは、高さも色もバランスが取れます。

ムスカリの別名は、グレープヒアシンスだそうです。そう見える?

ムスカリ、意外と切花にも良いアクセントに。

ムスカリ、こんな双子もあります。'10春


Copyright(C) 2002 Lazy Cat Cafe. All Rights Reserved.