Cafe Music?! Garden Gallery Backyard Garden!!




ラベンダー


ココロを洗うような香り、花色のラベンダー、この名前の語源はlavare="洗う"(ラテン語系)。

水を遣るたび、風になびくたび、楚々とした香りでガーデニングを楽しくしてくれます。

実際には、ラベンダー、ラバンディン、他、種類が多く、花穂の色は、あの特徴的なムラサキ以外に白、ピンク。形ではウサギの耳のような花穂のフレンチ、イタリアン・ラベンダーも可愛いです。

ほんの少しでも花穂があれば、茎があれば。
季節が終わるまでに、ドライのラベンダーをボトルに閉じ込めて、いつでも香りを楽しむコトができます。

たくさんあれば、、、アイピローにサシェに、クラフトにすると、もっと楽しいハーブです。

'09.06 / '09.10.14 更新



ラベンダー 苗 はこちら。






ラベンダーの花穂をアップで撮ってみました。
花の形も色々ですが、種類によっては、こんなに可愛い花を見ることができます。

ラベンダーは"香りの庭の女王"なんて呼ばれています。庭に1株だけでも、植えておくとシアワセな気分になれますよ。

和名:ありません(-)。
花穂のアップです。
ガーデンindex!!へ



刈り取った下葉も良い香り。



梅雨の前に刈り取った下葉。
ラベンダーは蒸し暑いのがニガテです。少し下葉を取って、風通し良く。
これは水場において、水がかかる度に良い香りになるように...。

夏は少し日陰に。移動できなければ、近くに背の高い花を植えて、影を作るのも良いでしょう。
でも風通しは確保してあげてください。





白〜薄ピンクのラベンダー(アルマティコ シルバーピンク)、秋深まる10月まで、繰り返し花を咲かせています。そろそろ、切り戻す時期ですが、しばし待ちとなり。。







春はムスカリのムラサキ、初夏はラベンダーのムラサキ。
季節ごとのカラーに、この色は欠かせません。


白花のラベンダー。そろそろ切り戻したいんですが...。


こちらはムスカリの紫。


Copyright(C) 2002 Lazy Cat Cafe. All Rights Reserved.