Cafe Music?! Garden Gallery Backyard Garden!!




ジュリアン


プリムラ・ジュリアンは花色が豊富。
冬〜早春〜4月以降まで楽しめるので、この季節のベランダの定番に。
シクラメンと寄せ植えにした黄色い花は、夏越し、2年目もかわいい花を見せてくれています。

プリムラには、たくさんの園芸種があり、サクラソウ、クリンソウ、ポリアンサ、ブルガリス、など。
寄せ植えには、いくつかの種類・花色を混ぜて使うのもオススメです。

見た目より、かなり丈夫。花が終わってから明るい日陰で夏越しできます。その間の水遣りは、シクラメン同様に乾燥気味に。
翌年の初秋から、日向に移して育てます。
花の鮮やかな発色には、日差しが必須。とにかく良く日の当たるところで、というのがポイント。

冬から4月の間、何度も苗がお店に出るのも魅力。
複数の花色、別種のプリムラと高さを組み合わせると、ステキな寄せ植えに。春が早く来たような気分、です。。

'10.03.07 /'11.04.15 更新


プリムラ・ジュリアン
学名:Primula juliae
サクラソウ科
一年草/多年草

ジュリアンの苗は初冬〜4月の間、何度も出まわります。
ジュリアン 苗 はこちら。







'08年冬に購入したジュリアン。夏越し2年目以降も、初冬からかわいい花をつけ、苗としては、そろそろ4年目。春・3月からが、花数の増える期間です。

シクラメンと一緒に夏越し、2、3回目の冬の花は、スタートがシクラメンより遅いため、少し圧倒されていました。
>> シクラメン


ジュリアン:冬から開花、花が増えて元気なのは3月以降。花色の豊富さが嬉しい花です。
ガーデンindex!!へ



こちらはピコティ。白い花弁のフチにピンク〜モーヴの縁取り。


左はピコティ。白い花弁のフチにピンク〜モーヴの縁取り。
そして、花の真ん中は黄色。

このおしゃれな色あわせに惚れこんで(?)パンジー数種と一緒に衝動買い。(笑)


右:パンジーと寄せ植えにしたピコティ、花がらを摘んで、花器に浮かべると、こんな春色に。

シクラメン、ジュリアン、パンジー、ビオラも、花がら摘みを早めにすると、長くキレイな花が楽しめます。
>> パンジー、ビオラ

'10年2月の終り、再びジュリアン: 薄ムラサキの2色を購入。花屋さんの隅で、値引き苗になっていました。
丈夫なので、ポット苗の期間が長くても、大きめの鉢に植え替えると、元気になります。

鉢土に土壌改良剤を少し。ポットから外し、少し根鉢を崩して植えます。
>> 土壌改良剤など

が、上記2種とピコティは猛暑で弱り、秋に枯れました。

下記は、
'11年春の黄色と、新しい濃ピンク
'11年2月。黄色は原種に近いのか?、何度も越年。丈夫です。

こちらの濃いピンクは、'11年2月に購入。写真は4月の様子。
3月。色の組み合わせで、春を呼べる?

2月のおわり。ジュリアンの花色、増やしました。




Copyright(C) 2002 Lazy Cat Cafe. All Rights Reserved.