Cafe Music?! Garden Gallery Backyard Garden!!




アイセル・イエロー


ミニバラのアイセル・イエローです。
'10年11月にバラ園に行った際、購入。

パチっとした・かわいい黄色、咲き始めカップ咲きっぽい姿がチャームポイント☆

ミニバラと言えば、、
ピンク・モンテローザも、アンバーカバーも枯らせてしまった私...。(泣)
冬の屋内管理で水分のコントロールが苦手なのと、ムシが着いたり、病気になってしまうのが原因。

それ以来、0℃を下回らなければ、真冬もベランダで越冬、この株も無事に春を迎えました。

そして、ミニに限らずどのバラも、最初の春はウドンコ病なのだけど、これも最近はあまり処置せず、粉を時々ふき取るぐらい...。
放任しすぎ??

----

・・・'12年、春の芽吹きの後、やはり日照不足・低温とうどんこ病で、枯らしてしまいました。
ミニバラを長く育てるのはなかなか上手くなりません。

'11.04.14 / 12.04.18 更新


アイセル・イエロー Ijssel Yellow
ミニバラ 四季咲き 小〜中輪
作出:伊藤園芸 ?年

黄色のミニバラは常に人気。
花を見るたび元気になる色、かわいいだけじゃありません...☆





'10年11月の様子。
黄色は咲き始めから、淡く変化して行きます。
咲き進んでいく花の形も変化アリ。

ミニバラは、買ってきた当初、たいてい葉がとても薄くて、少し頼りない感じ。
これを、屋外の環境に慣らしていくと、茎も葉もちょっとたくましく。

最初の屋外越冬では、あまり葉を減らさないよう管理して、翌春の花を楽しみに。。
(セオリー通りではナイのだけど。)

アイセル・イエロー。黄色は咲き始めから淡くなって行きます。 '10年11月。
ガーデンindex!!へ



アイセル・イエロー。咲き始めはカップ咲き(風)?'10年11月。



咲き始めはこんな感じ。
花は直径が3センチ弱ぐらい。それでも茎がか弱いので、伸びてくると、重さでたわんでしまいます。


右は切花にした様子。
花の大きさはチャールズウォーカー・ミニョネットより少し大きめ。

下は'11年4月の開花。
ウドンコ病ながら、、ちゃんと蕾をつけました。

アイセル・イエロー。ウドンコ病ではあるけど、ちゃんと開花。元気そうな黄色がステキです。'11年4月。


アイセル・イエローとチャールズウォーカー・ミニョネット。'10年11月。


Copyright(C) 2002 Lazy Cat Cafe. All Rights Reserved.