Cafe Music?! Garden Gallery Backyard Garden!!




ブルースター(オキシペタラム)


ブルースターは、澄んだ水色が美しい、涼やかな花。
苗が出廻るのは4月以降。まだ肌寒い頃に開花苗を花屋さんで購入。
この花色は寒そう? いえいえ、そんなコトはありません。
フサフサの起毛(?)茎・葉は、まるで毛布のよう。水色から白のグラデーションも優しげで、花は見ていて飽きません。

開花時期は苗を購入した4月から、9月後半。
盛夏の頃は少し花が減りますが、長く伸ばしても、切り戻しても、少し間隔を開けて開花します。
越冬した株は、翌年5月末から開花、6月末〜7月には1回目の切り戻しをしています。

今は一株ですが、2〜3株植えて、時期をずらしながら切り戻すと、花を続けて楽しめそう。
植え付けの時に元肥を入れ、後は2〜3ヶ月ごとに置き肥でOK、あまり手間がかからないのも魅力です。

'09.11.15 / '10.07.10更新

ブルースター(オキシペタラム)
学名:Oxypetalum caeruleum
ガガイモ科オクシペタラム属
多年草


苗がショップに出始めるのは4月ぐらいから。その後も、何度か店頭に並びます。








ブルースターを伸ばしたままにしていたら、垂れ下がって咲いていました。
こちらは9月の花。 残暑の中、涼やかさを振りまいてくれているようです。

切り戻す時は、白い樹液にちょっと注意。かぶれる方も居るそうです。
花瓶に生ける前にも、この樹液はキレイに落としてから。残っていると水揚げができないのです。
ブルースター 9月の様子。ニチニチソウ、ジニア、ベゴニアと。
ガーデンindex!!へ



ブルースター:4月に開花苗で購入。



4月に購入した開花苗。
後ろはデージーです。
まだ朝夕は寒い頃、苗が出廻ります。


右の写真は8月の花。少し白っぽく映っていますが、水色です。
ブルースターの仲間には、白花のものや、ピンクのものもあるそうです。


5月はヤグルマギクやマーガレット、都忘れと、6月はアジサイと、切花を合わせて生けると涼やかです。
(写真が無くて残念!)

右下は10月の花。一緒に生けているのはデュシェス・ドゥ・ブラバンとアイスバーグ。

そして、、11月に入り、日当たりも良くない場所ですが、蕾を付けています。
咲いたら写真を、、と思うのですが、咲くかどうか?

↓咲きました☆(11/22)

ブルースター:'09.11月の花



ブルースター:こちらは8月の花。

ブルースター:10月初旬の花。どんなアレンジにも合うので重宝。




Copyright(C) 2002 Lazy Cat Cafe. All Rights Reserved.